大場大のブログ "セカンドオピニオン"

がん治療専門医による、個人的な「つぶやき」ブログ

文藝春秋&小学館の「悪質な一貫性」

前回のブログ記事が賢明な多くの方に受け入れて貰えたようで、この場を借りて感謝申し上げます。

さて、問題の川島なお美さん記事リリースと時を合わせて、「文藝春秋11月臨時増刊」という形でも、やはり近藤誠氏がメインとして扱われています。この風景は、どう見ても、文藝春秋×近藤誠氏の強固な「利益相反」を宣言する狼煙を上げているようにしか見えません。

 

話は変わりますが、ジャーナリズムの使命(ミッション)とは、事実 (ファクト) を正しいベクトルで正しく報道することだと個人的には思っています。ところが、例えば「従軍慰安婦捏造」記事にみられた、信じ難い虚偽報道問題に対して、まともな謝罪もない某メディアは、いまだにこの国を貶めるような姿勢を相も変わらず崩そうとはしません。一体、どこの国の報道機関なのでしょか。

そして、これとまさしく同様なふるまいを示し続けているのが、近藤誠氏です。

「日本の医師はレベルが低い」「日本の医療はダメだ」

そう吹聴し続ける様は、一体どこの国の医師なのでしょうか。

また一方で、川島さんの文藝春秋記事にもみられる、近藤氏に合いの手を入れる役割の「職業ジャーナリスト」たちも、主観のオンパレードはみせるものの、一体どれほどの手間ひまをかけた客観性のある取材を重ねているのでしょうか。

 

近藤氏はもはや「医師」ではなく単なる「思想家」だと言い切れます。なぜならば、近藤氏は、がん患者さんを目の前にした時に、大昔は放射線科医だったのかもしれませんが、残念なかまら今ではもはや何もできない正体が見透かされるわけです。

スキルも実践経験も乏しく、データばかりを巧みに操って患者さんを不遜に扱い、自身は責任を一切負うことなく、安全地帯である机上で評論をしているだけなのです。

それはまるで、怪しい宗教の教祖様のようなふるまいではないでしょうか。

検証のない単なる個人の思想や観念を、「医学」という枠組みで議論すること自体が、非常に不健全であるといえるでしょう。

 

しかし、各出版メディアは、彼を「医学」枠としてワッショイワッショイと持ち上げたがります。なぜならば、出版物が売れるからです。ビジネスとして稼げる商品だからです。

そうした「利益相反」から脱却できないままでいる代表格が、『文藝春秋』であり、最近では『小学館』もその軍門に下ったことが伺えます。

 

『文藝春秋』は、長年にわたり近藤言論をまるで「教養」枠として重宝し続け、「菊池寛賞」も与えることで、ビジネス利潤の好循環を自作自演しているようにしかみえません。

思考を停滞させることで、それに洗脳されてしまった近藤信者たちを相手にことさら老婆心のごとく訂正を促す気はありません。なぜならば、昨今のデモ行進にもみられるように、「無知」が原因で思想や観念が幅を利かしている薄気味悪い病理に対し、理性的な議論が成り立たないからです。

しかし、人として大切にするべき本来の理性や教養を希求する方たちを惑わすことだけは許容されるものであってはならないと思っています。

 

青年誌「ビッグコミック」(小学館) で連載されている『医者を見たら死神と思え』という漫画をご存じでしょうか。

漫画という作品ツールは、視覚的要素が大きく、さらに有名誌での連載ともなれば、非常に影響力が大きい表現媒体といえます。であるからこそ、いくら漫画というフィクションであっても、作者たちは丁寧な取材を重ねたうえで、それなりの客観性や真実を重視しながらの内容を心がけているはずです。

過去に漫画『美味しんぼ』という作品内のある描写が  "風評被害" として問題になった事例も、そういうことなのでしょう。

 

この漫画に関しては、医療系というジャンルとしては極めて異質な表現が垂れ流しにされています。なぜならば、監修を務めているのが近藤誠氏だからです。

近藤氏がこれまで続けてきた言論活動が作画で忠実に再現されているだけの漫画です。検証のない個人の仮説レベルのモノを、がん医療という非常にデリケートなテーマに外挿することを許容してしまっている出版社のモラルは、一体どのようになっているのでしょうか。

 

この作者の前作は、築地市場を舞台として人情味ある人間模様を描いた、『築地魚河岸三代目』という作品のようです。その中で、正義感溢れる、情熱的な主人公 赤木旬太郎というキャラを彷彿させる、真藤隼人という医師が、この『医者を見たら死神と思え』の主人公として登場しています。

真藤隼人 (しんどうはやと) =近藤誠 (こんどうまこと)

そう描かれているのは一目瞭然なのですが、がん医療の現場に宿っている理性を個人の恣意のみでイタズラに貶め続け、何の教育も生み出していない誤った情報が漫画を介して発信されていることを看過するべきではないと思います。

近藤氏の身勝手な思想に感化され、この漫画内容の影響を受けたがゆえに、生死にかかわる犠牲を被った患者さんが明らかとされた場合、人道的・倫理的側面から作者や出版社はどのような責任をとられるのでしょうか。

 

最新号 (11/10号) と前号 (10/25号) では、「ある医師への反論」前・後編というタイトルで近藤言論をさらに正当化させようとする不気味な内容となっています。この「ある医師」とは、紛れもなく私のことを指しています。

f:id:masaruoba:20151027165240j:plainビッグコミック (2015/10.25 号) と ビッグコミック (2015/11.10 号) より引用

「若さゆえの勉強不足」「売名行為」と私を執拗に貶めることに名誉毀損を覚えますが、一方で真藤医師(近藤氏)を正義として描き(描いてもらい)、それを多くの読者に真実であるかのようにみせている描写は絶対にマズいとしか言いようがありません。

この漫画のモチーフとなった実際の対論についての詳細は、拙著で取り上げましたので良かったらご覧ください。

東大病院を辞めたから言える「がん」の話 (PHP新書)

東大病院を辞めたから言える「がん」の話 (PHP新書)

 

近藤氏と直接対峙して実感したことですが、彼に対してひとつでも批判を示すと、それが自己全否定と受け止めてしまう被害意識が相当強いということです。そのような人間は、日頃から周囲に対してフィードバックのない破壊的な批判で身を守ろうとします。場合によっては、「陰謀論」まで持ち出します。

言い換えますと、自身に都合の悪いことは、すべて「悪」と裁くクセがあるということです。そのようなイデオロギーがいかに厄介であるかは、賢明な方にはおわかりでしょう。

 

さて、この漫画の横欄には「対談募集」を促すコーナーがあり、『文藝春秋』との共同企画であると記載されています。

要するに、『文藝春秋』『小学館』『近藤誠』は線で繋がっているということを意味します。

また、主人公である真藤医師の熱烈サポーターとして描かれている女性キャラが、以下のようなセリフを前号で残しています。

「ビックコミック」の編集長は (真藤) 隼人先生のファン・・・目指すは " 漫画界の『文藝春秋』" だとか・・・

これは、本当の話だと思われます。実際にはこういうことなのでしょう。

「ビッグコミック」の編集長は (近藤) 誠先生のファン・・・目指すは " 漫画界の『文藝春秋』" だとか・・・

出版業界は編集長の個人的な主観・嗜好が支配している世界なのかもしれませんが、事実(ファクト)を歪める内容を平気で公に放つのは、先の「従軍慰安婦捏造」記事問題と同様な精神構造でしょう。

 

さて、『小学館』の出版モラルを調べてみますと、ホームページ上では以下のように記されています。

「出版物が世の中全ての悪いことを無くすことはできないが、人の心に良い方向を生み出す、何らかの小さな種子をまくことはできる。人生の中で大きく実となり、花開く種子をまくという仕事が出版であり、これが当社の理念です。」


 <人の心に良い方向を生み出す??>


・『医者を見たら死神と思え』

・『がんより怖いがん治療』(2014年 小学館)

上記のような種子をまいて、具体的にどのような大きな実を期待されているのでしょうか。

これら出版物には、将来に向けた理性や教育といったものが残念ながら何ひとつ見当たりません。

おそらく、「医学」を正しいベクトルで正しく理解することが、出版社編集スタッフに全く備わっていないからでしょう。


そして 懸念されるのは、理性や教育をないがしろにしてでも、ビジネスを最優先する不健全な精神にいったん支配されてしまうと、あとは『文藝春秋』のように「悪質な一貫性」を続けるしかありません。

この漫画は、この先一体どのような形で結末を迎えるのでしょうか。さぞかし、"ドラえもん" も心配していることでしょう。